50歳からの単独行

ー 登るたびにのめり込む日本アルプスの山旅 ー

14. 経ヶ岳

 

14.経ヶ岳

2012年10月13日 土曜日

仲仙寺境内登山口から入山し往復

日帰り

晴れ/時々曇り

 

仲仙寺駐車場には5時半過ぎに着いたが、サッカーワールドカップ対フランス戦の試合終了まで車内で観戦していて出発が遅れる。

f:id:tomo1961:20210330172540j:plain

 

6時過ぎ日本の勝利で気分良く出発。

 

7時過ぎに四合目。その後箕輪のおじいさんおばさんのグループと前後するが、彼らの健脚ぶりには参った。

 

9時半に八合目。

 

八合目での眺望は後にして進むが、一旦下ったところから御嶽山がはっきりと見え感動する。

f:id:tomo1961:20210330171310j:plain

 

10時過ぎに黒沢山の分岐を通り、11時前には経ヶ岳山頂に達した。

 

今年は脚が出来ていて楽だった。

それにしても、経ヶ岳の山頂ともなれば、将棊頭山と同じくらいの時間がかかり、上には水場がないので背負って行かなければならず、地元の裏山とは言え立派な”山岳”だという事を身を持って理解させられた。

 

下りの八合目で1時間ゆっくり景色を眺めながら昼飯。八ヶ岳南アルプス全部、もちろん先月登った西駒もきれいに見えた。澄んだ秋晴れのおかげで宝剣岳もくっきりと見ることが出来た。

f:id:tomo1961:20210330172815j:plain

 

七合目からの下りでまた膝が痛くなり、それからはゆっくり下る。

 

仲仙寺まで下山できたのは16時を過ぎ。八合目から2時間少しのところを1時間も余分にかかってしまった。

 

帰り途中に「見晴らしの湯」に立ち寄り風呂を浴びてから帰った。

 

この年はこれが最後の山行になった。

 
 
 
-----
この物語を最初から読んでいただける方は以下のページにご訪問下さい。
-----
私のもう一つのブログ
「-55を過ぎてギターを始めた男が早期退職した後の顛末'ing-」
も、是非御覧ください。
55歳で始めたギター練習の日々を綴った後、今は58歳で早期退職した顛末から退職後の毎日を書いています。こちらからどうぞ↓

https://tomo1961.hateblo.jp/